エコ・アカデミークラブ株式会社は、トルマリン商品の開発と普及に貢献しています

トルマリンの活用方法

  • HOME
  • » トルマリンの活用方法

トルマリンの活用方法―こんな時こそトルマリン―

水道水をおいしく飲みたい

水道水の中にトルマリン鉱石(原石または玉石型加工品)を入れ、約12時間置くだけで気になるカルキ臭がどこへやら‥‥。美味しく飲みやすい水に変わります。さらに、電気分解によって水のクラスター(分子集団)が細分化され、人体への浸透力が高まるほか、弱アルカリ性の還元水となって、さまざまな成人病・生活習慣病の原因とされる「活性酸素」を減らすのにも一役。まるやかな味わいの美味しい水になるだけでなく、健康にもいい水になります。
トルマリン還元水の作り方は、水道水の量に対して10%が目安です。トルマリンは必ず煮沸消毒してからご使用ください。やかんや電気ポットなどにもご使用できますが、その場合は熱が加わりますので、使用量や時間は少なくてOKです。 トルマリンで作った還元水は、わたしたち人間はもちろん、愛するペットや植物たちにもあげれば、イキイキと元気いっぱいに!
*トルマリン原石や玉石型加工品の他に、トルマリンセラミック(ボール状/棒状) や、各種製品(浄水器、卓上型浄水ポットなどの雑貨品)もあります。

ごはんを美味しくふっくら炊き上げたい

洗ったお米の上に、玉石型トルマリンを2~3ケのせて炊飯器で炊けば、アラ不思議、ワンランク上のふっくら美味しいごはんの出来上がりです。これは、トルマリンによって水が美味しくお米に浸透しやすく変化し、さらに遠赤外線の効果で、お米の芯からふっくら炊き上げて一粒一粒が立ち上がったツヤツヤのごはんになるから。ご家族から「お米を変えたの?」と聞かれるほど、その違いは歴然です。
 電気炊飯器で保温するときも、トルマリンを入れておくと黄色く変色しにくく味の劣化を抑えることができます。 炊飯にトルマリンをご使用になる場合は、原石だと粉状のものがごはんに混じってしまったり、ご使用後のトルマリンのお手入れが大変になりますので、玉石型に角取り加工した玉石型トルマリンをご使用になることをオススメします。また、トルマリンの粉末を用いたセラミック棒もあり、手軽にご使用になれると人気です。

冷蔵庫のニオイを何とかしたい

冷蔵庫内にトルマリン鉱石または粉末を置くだけで、マイナスイオンがニオイの元を中和して消臭します。市販の脱臭剤に比べて即効性は劣りますが、トルマリンの効果は恒常的に続くので、長い目でみればとっても経済的! さらに、野菜や果物などの鮮度保持効果にも役立つので、「冷蔵庫の強い味方」になってくれます。トルマリン鉱石のほか、二次素材(トルマリンサンドフィルターやエコ・トルマリンシート)を使えば、さらにパワーアップします。

自宅で毎日温泉気分を満喫したい

トルマリンを浴槽に入れるだけで、遠赤外線効果で体が芯から温まり,、お肌もツルツルに。まるで温泉に入ったような気分が味わえます。水道水に含まれる塩素が固定化して安定するため、一番風呂の刺激が苦手という敏感肌の方にもオススメです。また、お風呂のお湯がにごりにくく、浴槽に汚れがつきにくくなるので、とても助かります。
 家庭用の浴槽に入れる場合は、ネットなどに1~2Kgの原石または玉石型加工品をいれるとよいでしょう.。1ヶ月に1~2回ほど、水洗いと天日干しをするだけで、半永久的にトルマリン風呂がお楽しみいただけますので、とっても経済的です。 また、パウダー状の粉末を入浴剤代わりに使えば、さらに温泉気分は高まります。
お風呂の残り湯は、クラスターの細分化により洗浄力が高まるため、お風呂掃除や洗濯にご活用ください。観葉植物や庭木などへの水やりにもご使用いただけますので、経済的というだけでなく植物が元気に育つお手伝いをします。

素材を生かした料理を作りたい

煮物や鍋物、茹でもの、蒸し物などの料理をするときに、トルマリンをお鍋の中に入れて一緒にグツグツ。ただそれだけで、びっくりするほど美味しく、素材を生かした料理の出来上がりです。これは、おいしい水と遠赤外線効果のおかげです。(お鍋に入れる場合は、アルミ製鍋はご使用にならないでください)
天ぷら鍋の中に入れれば、カラッと美味しく揚がり、残り油に入れておけば油の酸化防止に役立って、抵抗なく使いまわしができて経済的。

もっと詳しく、もっと具体的にトルマリンについて知りたい方へ!

エコ・アカデミークラブ会員が運営している「トルマリン情報館」では、基本情報及び体験談をご紹介しています。ぜひ一度お訪ねください。

ご注文・お問い合わせは TEL 048-859-0070 平日10:00~19:00 土・日10:30~18:00

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © エコ・アカデミークラブ株式会社 All Rights Reserved.